協会の活動実績

プロパンガス料金の適正化を推進するために当協会は、2006年に設立されました。
設立以来の活動実績を、以下に御紹介します。

ガス料金適正化推進

当協会が設立されて以来、一番力を注いできたのが、全国のユーザーのプロパンガス料金の最適化です。数多くの方からご相談を頂き、解決してきた料金適正化の事例数は私達の誇りです。

被災地支援

2015年7月より、当協会は宮城県石巻市「石巻仮設住宅自治連合推進会」様とのコラボで、約1年間にわたりプロパンガス料金の値下げサポートを実施。今後もこうした取り組みを推進していきます。

ソーシャルビジネス

プロパンガス料金適正化協会は、ガス料金の不透明さを社会的課題ととらえています。その課題を解決するための自立的運用とビジネス手法の活用によって、社会のより良い発展を目指していきます。

東北農業活性化

当協会では、ガス事業主から得られる収益の一部で東北の農産物を購入し、消費者と現地生産者の橋渡しをする事業を行っています。公共性の高い事業推進も、当協会が担っている側面の一つです。

NPO支援活動

社会貢献活動を行っているNPO団体に対して、プロパンガス料金適正化協会は、支援金の拠出を行っています。当協会では収益の一部を、社会貢献活動を行う団体を支援金を送る仕組みを整えています。

クリーンエネルギー

会社が掲げている事業のミッションと日本国内には、プロパンガスのユーザーが2500万世帯あります。そしてそのユーザーが自分で最適な料金にできるように、当協会では以下の活動に取り組んでいます。

行政機関への提言

当協会はプロパンガス業界の改善に向けて、様々な提言を実施してきました。復興大臣、国民生活センター、福岡県LPガス協会、神奈川県知事等、これからも積極的な提言を行っていく予定です。

ガス会社のM&A

日本のプロパンガス業界は、事業主の高齢化が進んでおり、その事業体の事業承継が大きな課題になりつつあります。当協会では、事業のデューデリジェンス(資産査定)などサポートしています。

投稿日:

Copyright© 一般社団法人 プロパンガス料金適正化協会 , 2019 All Rights Reserved.