プロパンガス料金適正化協会

【最新】プロパンガス会社の切替方法|費用・注意点・チェック項目を細かく解説

プロパンガス会社を現在の会社から別の会社に切り替えたいと考えている方の中には「切り替えが大変そうだから実行できない」「切り替えには多くのお金がかかるのではないか?」と考えている方もいます。

そのような不安から、割高な料金設定のプロパンガス会社をなかなか変えられない場合もあるのです。

今回の記事では、プロパンガス会社の切り替えにかかる費用や具体的な方法と、発生する可能性のあるトラブルについてまとめました。

プロパンガス会社の切り替えを検討しているのなら、ぜひ参考にしてください。

目次

プロパンガス切り替えに費用はかかる?

まずは、プロパンガス会社の切り替えに必要な費用について説明しましょう。

切り替えにかかる費用はナシ!

プロパンガス会社の切り替えに費用は発生しません。

ただし、切り替えに伴って新しいプロパンガス会社の設備費用・配管工事費用が発生することがあるでしょう。

契約内容によって費用発生の可能性アリ

現在使用しているプロパンガス会社で、最低契約年数に縛りが設けられていた場合、期間内に解約をすると違約金が発生する可能性があります。

設定された最低契約年数は10年〜15年が多く、10万円以上の違約金が請求される事例も存在します。

契約書を要確認!条件は各ガス会社で違う

違約金の有無は契約書に記載されていますが、契約書が見当たらないという方は次の点を確認してみましょう。

  • ガスの配管工事や設備費用が無料だった
  • 該当物件は新築で購入した

違約金が高額・契約書に違約金について記載されていない場合には、支払い義務がないと裁判所が判断する可能性もあります。

違約金の金額や契約書の内容を見た上で、対応を考えるべきでしょう。

プロパンガス切り替えができる人とは

残念ながら、プロパンガス会社の切り替えは全ての人が行えるとは限りません。プロパンガス会社の切り替えが可能なのは、次のような条件の方です。

戸建ての住人(持ち家)

プロパンガス会社の切り替えは、建物の所有者にしかできません。そのため、賃貸物件に暮らしている方は、プロパンガス会社を自分で選べないのです。

賃貸物件のプロパンガス会社は、大家さんか管理会社にしか切り替えができないということです。

店舗を経営、さらにその建物の所有者

建物の所有権を持っている店舗であれば、プロパンガス会社の切り替えが自分で行えます。

店舗の事業形態によっては、プロパンガスの切り替えでガス代が減り、大幅に経費を削減できるでしょう。

事務所を経営、さらにその建物の所有者

店舗と同じように、自分の所有している事務所のプロパンガス会社は自由に切り替え可能です。

マンション・アパート所有者

自分が所有している賃貸物件は、自分の判断でプロパンガス会社を切り替えられます。ただし、入居者への通知は行うべきでしょう。

プロパンガス切り替え前のチェック項目

ここでは、プロパンガス会社の切り替えを考えている方向けに、まず行うべきチェック項目をまとめました。

これらの項目を確認した上で検討を進めてください。

契約書をチェック

最初に現在使用しているプロパンガス会社の契約書を確認します。特に、最低契約年数に縛りはないかを調べてください。

契約時に見落としてしまいがちな項目ですが、その内容によっては切り替え自体を見直す必要があります。

契約中のガス料金設定をチェック

契約中のプロパンガスの料金が高額だと感じている場合でも、その料金設定までは理解できていない方が多いようです。

基本料金や従量単価を把握していなければ、プロパンガス会社の切り替えで得られるメリットが分かりにくくなります。

現在のガスの料金設定を知ることで、後悔のないガス会社の切り替えができるのです。

違約金発生の有無をチェック

現在使用しているプロパンガス会社に、最低契約年数の縛りがあった場合は、違約金の有無やその金額を確認してください。

自分にとって、どのタイミングでの切り替えがベストであるかを考えましょう。

プロパンガス切り替え手順【方法】

ここでは、プロパンガス会社の切り替え手順を分かりやすく説明します。

1.切り替え先のガス会社を探す

切り替え先のガス会社を探してください。可能であれば、複数のガス会社を比較して、最も自分に適した会社を選ぶようにします。

2.切り替え先の料金プランを把握

現在使用しているガス会社の基本料金・従量単価と、切り替えを検討しているガス会社の料金プランを比較し、プロパンガス会社の切り替えによって節約可能なガス料金を明らかにします。

切り替えを検討しているガス会社に問い合わせをすれば、より詳細な料金設定についての説明が受けられるでしょう。

中には料金が公開されていないプロパンガス会社や、実際にかかる費用が分かりにくい料金設定がされている場合もあるため、ガス会社の選定には多くの時間が必要です。

3.切り替え先から解約手続きを進めてもらう

基本的に、プロパンガス会社の切り替え作業は切り替え先のガス会社に任せられます。

切り替え先のガス会社から、現在使用中のガス会社に連絡及び解約の手続きを進めてもらってください。

4.ガスボンベ・メーターの交換

プロパンガス会社の切り替えが決定し、解約手続きが完了したら、使用しているガスボンベやメーターを、新しいガス会社のものに変更しなくてはいけません。

交換工事への立ち合いは必要ありませんが、その後の点検作業は法律で立ち会いが義務付けられています。

点検終了後に切り替え先のガス会社と正式な契約を締結し、ガス会社の切り替え作業が完了します。

プロパンガス切り替え時のトラブル例

プロパンガス会社の切り替え作業のほとんどの工程は、切り替え先のガス会社に任せられます。

ただし、プロパンガス会社を切り替える際には、次のようなトラブルが発生する可能性があることを知っておきましょう。

契約中のガス会社から引き止められる

解約予定のプロパンガス会社から、電話や訪問による値下げ交渉が行われることがあります。

値下げの内容によっては、その交渉に応じるのも良いですが、解約を思い留めた後に少しずつ値上げをするガス会社も存在します。

そのため、長期的な視点で安心して利用を続けられるガス会社を選ぶべきでしょう。

ガス会社の切り替えを決定しているのなら、交渉そのものに耳を傾けるべきではありません。はっきりとした態度で解約の意思を伝えてください。

違約金の請求

先ほどもお伝えしたように、契約期間に縛りのある契約をしてしまっている場合は、期間内の解約によって違約金が発生します。

違約金を請求された時には、契約書に違約金についての記載があるかどうかを確認し、違約金の明細書も受け取るようにしてください。

契約書に違約金の記載が見つからない方は、違約金の支払いをせずに済む可能性もあります。

まとめ

プロパンガス会社の切り替えについて、その方法や流れを紹介しました。

ガスは生活を送る上で欠かせないエネルギーであり、その見直しを行うことで、長期的な支出を節約できる可能性があります。

プロパンガス会社の切り替えに不安を感じているのなら、プロパンガス料金適正化協会にご相談ください。

プロパンガス料金適正化協会では、違約金についての相談の他、優良なプロパンガス会社選びのサポートやガス会社の紹介を行っています。

目次