【オーナー必見】プロパンガス変更メリット5選!注意点や見直し方法、選び方を紹介

一般的にアパートやマンションに入居する際には全室でガス会社の契約が済まされているため、入居者が自らガス会社を選ぶことは難しいです。

建売住宅でも、建築時に決められたガス会社がガス配管などの施工を済ませてしまっている場合があります。

「プロパンガスはガス代が高い」と考えている方は、あえてプロパンガスの物件を避けてしまうでしょう。

今回の記事ではアパートやマンションを所有しているオーナー様向けに、プロパンガスの契約を見直す方法について分かりやすくまとめました。

▶︎▶︎▶︎プロパンガス料金のご相談やお見積もりは公式LINE登録で無料で解決!

目次

「LPガス=高い」で敬遠される傾向が強い

入居者は毎月その物件に暮らして請求されるガス料金を支払わなくてはいけません。そのため「ガス代が高い」という印象の強いプロパンガス物件は物件探し時に省かれてしまう恐れがあるでしょう。

理想的な立地の築浅物件でも、そのような理由で物件の人気が下がってしまうということです。

料金見直しによるメリット

プロパンガスは会社ごとに自由にガス料金を設定可能なため、適正価格以上のガス契約を結んでしまっている事例も少なくありません。

実際にガス料金の見直しを決めたオーナーの物件の多くは、適正価格の2倍以上のガス代が請求されているのです。

ここではガス料金を見直すメリットについて紹介しましょう。

ガス料金が安くなる

適正価格以上のガス料金を見直せば、ガス料金が半分近くまで抑えられることがあります。

入居者の負担が軽くなれば、入居率のアップが期待できます。

好条件のLPガス会社が見つかる

ガス料金が安くなることで得をするのは入居者だけのように思えますが、好条件のプロパンガス会社では契約時にガスコンロ・給湯器を無償設置してくれることがあります。

この設置費用は毎月のガス代に上乗せされて支払い、プロパンガス解約時はその設備をオーナーが買い取るのです。

設備は経年劣化し定期的にリフォームするべきものなので、設備リフォームのタイミングで好条件のガス会社を見つければ、物件のメンテナンス費用を大幅に節約できるでしょう。

ガス周りとは別の特典付きの場合もある

中にはガスコンロや給湯器などガス周りの設備以外にも、エアコン・ウォシュレット・テレビモニタ付きドアホンなどの設備を特典として用意している会社もあります。

入居者が喜ぶ設備を事前に設置しておくことで、より物件の人気を高められるのです。

入居率や更新率に繋がる

プロパンガスはガス料金が高いという印象が強く敬遠されやすいとお伝えしましたが、ガス料金が高くなければプロパンガス物件だからと言って入居率が下がる心配はありません。

つまりガス料金を見直して毎月の負担を抑えることは、入居率や更新率の向上に繋がり、オーナーにとっても多くのメリットがあると言えるのです。

相乗効果で物件の価値も上がる!

入居率・更新率の高い人気物件は、必然的に物件の価値が上がります。空室が減ることで物件の収益率も高くなるでしょう。

LPガスの料金見直し方法

ここからはプロパンガス料金を見直す方法について具体的に説明しましょう。

まずは現在の供給価格を調べる

実際にガス料金を支払っていないオーナーは、ガス料金に無関心になりがちですが、まず供給価格を把握することから始めましょう。

「プロパンガス料金適正化協会」に相談

プロパンガス料金適正化協会は、個人はもちろん物件のオーナーも対象として、プロパンガス会社の選定・見直しを手助けしています。

現在のガス料金が適正価格であるのかをお伝えした上で、ガス料金の見直しについてアドバイスしているのです。

何から取り掛かれば良いか分からないという方でも、お気軽にご相談ください。

LPガス会社変更時の注意点

プロパンガス会社を変更する際には、次のような点に注意する必要があります。

入居者への切り替え通知に注意

アパートやマンションで契約しているプロパンガス会社を変更する際には、入居者に切り替えの事実を通知しなくてはいけません。

入居者募集の広告への記載内容変更も忘れない

元入居者の告知はもちろん、入居者募集の広告も編集する必要があります。忘れずに管理会社に連絡してください。

契約中のガス会社とのトラブル発生

ガス会社の見直しを決めたからと言って、契約中のガス会社にすぐ連絡をするのは避けるべきです。

多くのガス会社では解約を引き止めるために、さまざまな手段を使ってきます。次のようなトラブルを予防するためにも、契約中のガス会社への解約連絡は乗り換え先のガス会社から行ってもらうか、プロパンガス料金適正化協会にご相談ください。

第三者が介入することで、スムーズに手続きが進められます。

契約期間

契約期間が定められており、期間内の解約は受け付けないと言われる可能性があります。契約書を確認しておきましょう。

違約金の有無

解約に対して違約金が請求される事例も多いです。しかし違約金を支払っても長い目で見てトータルコストが抑えられる場合もあるでしょう。

また、高額な違約金を不当に請求された時には、プロパンガス料金適正化協会にご相談ください。

契約引き止めを受ける

契約を続けてもらうために、値下げ交渉などの引き止めを受けることもあります。

ただしこの際の値下げは一時的なもので、後々値段を上げてくるという悪質なガス会社も存在する事実を知っておきましょう。

契約の変更拒否を受ける

解約を拒否され、話を聞いてもらえないというトラブルも増えています。このような状況になってしまうと、ガス会社の変更が進みません。

LPガス会社の選び方

プロパンガス会社を変更しても、結局ガス料金を下げることができないのでは意味がありません。ここでは、プロパンガス会社の選び方についてまとめました。

選ぶ際の大切なポイントは3つ

プロパンガス会社選びのポイントは大きく分けて3つあります。

  • 料金が適正価格
  • しっかりしたアフターサポートが用意されている
  • 無償貸与契約による違約金がない

これらのポイントを押さえることで、プロパンガス会社の乗り換えを成功させられる可能性が高くなるでしょう。

LPガスの相談は「プロパンガス料金適正化協会」

プロパンガスはその料金が不透明であり、簡単に情報が集まらないことから自力での選定が難しいと言えます。

プロパンガス料金適正化協会では消費者が適正価格で安心してガスを使い続けるように、優良なプロパンガス会社を紹介しており、ガス会社料金の見直しに対するアドバイスも可能です。

まとめ

アパートやマンションのオーナーがガス料金が高いプロパンガス会社を使っていると、物件の人気が下がると同時に入居率・更新率も低くなってしまう恐れがあります。

物件の価値が下がってきたと感じているのなら、プロパンガス会社の見直しを考えるべきでしょう。

プロパンガス会社選びが難しい・プロパンガスの乗り換えが難航している時には、お気軽にプロパンガス料金適正化協会にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次