プロパンガス料金の適正化

プロパンガス適正料金速報

首都圏(東京都・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・静岡県) 一戸建て 基本料金1,500円 従量料金@300円  1m3あたり 集合住宅 基本料金1,800円 従量料金@380円 首都圏外 残念ながら、首都圏を除くエリアは現在でも地域ごとに業者間の競争環境を閉ざした商習慣が実態と言えます。 当協会では2006年に、業界初のNPO法人として設立当初から「業者間の競争促進」の働きかけを行い、LPガス料金透明化へ向けた消費者保護活動を行って参りました。その活動経緯での実績として、地域ごとに適正価格で供給の確約のと ...

お問い合せカード送付のご案内

お問い合わせカードをお送りします 消費者からの要望で供給会社の変更(協会の賛助会社)を行った場合は、協会が責任をもって以降のガス料金が適正価格で維持する様にフォローいたします。 お送りするカードは、現在ご利用いただいているガス会社に対して、ご不満な点等が発生した場合にご相談いただくためのものです。例で申し上げますと、メーカーが発行する「保証書」のようなものです。例えば「知らない内にガス料金が上がってしまった」「サービスに問題がある」など、直接ガス会社に言いにくいことなど発生した場合に、カード記載の電話番号 ...

ガス販売事業者様へ

「協会の趣旨をご理解頂き、契約増に貢献」 LPガス販売業者が顧客開拓(開発)の基盤をさらに強固にし、躍進するには、『市場』の鍵を握る消費者に選択される以外にはあり得ません。 プロパンガス料金適正化協会では今後、数社の大手マンション管理会社様及び、大手アパート管理会社様との協力を得て、LPガス料金適正化へ向けた協働事業を本格化して参りますが、協会の趣旨に賛同しご協力頂けるガス会社を今後広く全国規模で募集して参ります。 詳細につきましては、下記担当者までお問い合わせお願いいたします。 プロパンガス料金適正化協 ...

店舗・事業者さまの皆様へ

業務用料金のご案内 美容院や飲食店などを経営されている事業主様の場合、 一般家庭のプロパンガス料金よりもさらに安価な料金体系が設定されています。 領収書を一度ご確認ください。 一度領収書をご確認されることをお勧めいたします。 高いか安いかご判断ができない場合は、当協会へご連絡いただければ適正価格かどうか診断させていただきます。 勿論料金等は不要です。ただし、ご使用量や地域によって価格差がありますのでご了解ください。 少しでも気になる事があったら、まず相談 0120-268-311 または、メールにてご相談 ...

分譲マンションにお住いの皆様へ

ガス料金を適正価格にすることで、光熱費負担削減に大きく貢献します。 都市ガスを利用していた方や、節電・節約等で光熱費に多少とも関心のある方は、プロパンガスのあまりにも高い請求金額に皆さん驚かれます。業界では契約年数が経った物件ほど、単価を上げられて高い請求が行く仕組みになっています。 本来、市場システムが適切に働けば、業者間の正当な競争によって、料金・サービスを競い合うのが通常ですが、地域ごとの紳士協定等の自由競争を阻害する業者間の悪しき慣習により、消費者が自由にガス会社を選択することが出来なかったり、料 ...

集合住宅にお住まいの方

私たちがメールや電話で消費者からのご相談をお受けしていて一番多いのが、アパートやマンションに入居されている方からのご相談です。この方々の料金は本当に高く、協会としても同情を禁じ得ません。しかし、アパートやマンションなどの集合住宅の場合、プロパンガスの設備上、お部屋単位でのご相談には対応できないのが現状です。集合住宅(賃貸マンション、アパート等)にお住まいの方は、必ず建物のオーナー様あるいは、管理組合、管理業者様の同意を得ていただき、お申し込みいただくことが前提となりますので ご了承ください。 オーナー様・ ...

アパート・マンションのオーナー様へ

「プロパンガスは高い!」という理由で、最近プロパンガスを利用したアパート・マンションが敬遠される傾向が強くなっています。 実際、私どもが大手アパート管理会社との協力を得て適正化に向けた協働事業を推進しておりますが、金額的にも適正価格の2倍近い料金を入居者が支払っているケースが大半です。 当協会にメールおよび相談電話の件数の約6~7割が集合住宅にお住まいの消費者からの切実な相談内容です。 一度、オーナー様ご自身が現在の供給価格を調べてみることをお勧めします。 当協会へご相談頂ければ、現在の供給会社のままでも ...

プロパンガス業界の現状

目次 ガス会社を自由に選ぶ権利が消費者にはあります。首都圏でさえ料金の透明性確保が課題ディスカウントとは違う適正価格が必要 ガス会社を自由に選ぶ権利が消費者にはあります。 過去数十年にわたり、プロパンガス業界は閉鎖的体制による『価格高値安定』を続けてきた業界です。プロパンガス料金は公益事業である都市ガス等とは異なり、供給地域や料金についての許可は必要なく、自由営業・自由料金の事業になっています。つまり、プロパンガス販売店を選ぶ自由が消費者側に与えられているということです。 実は、1997年4月にプロパンガ ...

消費者アドバイザーより 一般家庭の皆様へ

一般社団法人 プロパンガス料金適正化協会本部理事 LPガス消費生活アドバイザー 谷村 巌 著書: 「これでわかるLPガスの話」 「よくわかるLP業界読本」 「LPガスの消費者が目覚めた」 ※消費生活アドバイザーとは・・・内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格です。 消費者の立場で発言しています 私は、生協の灯油運動のなかで、LPガス(またはプロパンガス)の値段がとても高いことを知りました。 今から20年前になりますが、灯油とLPガスの消費者価格と輸入価格について25年間の推移を線グラフにしたところ、LP ...

プロパンガス料金の適正化「会員募集」はじめました

会員の申し込み プロパンガス料金適正化協会では、現在ご契約しているガス事業者のまま、変更を伴わない『LPガス料金』の値下げを行っています。 「消費者保護」を目的としたプロパンガスご利用の皆さまに、現在ご契約のガス会社のままLPガスを適正価格で購入可能なアドバイスを、会員向けに継続的に助言・フォローしております。 正規会員 戸建てのご契約者さま・・・入会金一口 2,000円 集合住宅のオーナーさま・マンション管理組合さま・・・入会金一口 3,000円 ※その他の年会費含め追加費用はありません。 ※入会金は、 ...

ガス料金節約のススメ……役立つ6つのポイント

1. 意外と知らない検針票の見かた ポイント 「請求金額」と「使用量」から現在の単価を調べてみよう。 契約当初の金額と比べて見て下さい。値上がりはしていませんか!? 請求金額(税抜)-基本料金÷使用量(㎥)=単価 基本料金の明記が無い場合は、戸建て(1,500円)、集合住宅(1,800円)として仮定 2. ガス料金って、どうしてこんなに高いの? ポイント 料金体系が不透明で、消費者にわかりにくくなっています LPガス業界は旧態依然として、50年もの間、消費者に対して不透明で高値安定を維持した料金設定で、現 ...

震災対策[都市ガスからLPガスへ]「いのち」をつなげる話をしましょう。

震災対策【都市ガス→LPガス】へ 一般社団法人 プロパンガス料金適正化協会本部理事 LPガス消費生活アドバイザー 谷村 巌 著書:「これでわかるLPガスの話」「よくわかるLP業界読本」「LPガスの消費者が目覚めた」 ※消費生活アドバイザーとは・・・内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格です。 震災対応型特例措置・・・順次、受け付け開始。(首都圏限定) 未曾有の被害をもたらした東日本大震災以降、大規模集中型エネルギー(電力・都市ガス等)の依存を減らすために、国策で指定避難等の公的施設を対象に、補助金適用に ...

Copyright© 一般社団法人 プロパンガス料金適正化協会 , 2019 All Rights Reserved.