プロパンガスの訪問営業は信用できるのか?気をつけること7選!優良ガス会社の条件

プロパンガスの飛び込み営業は、突然のように自宅を訪問してきて、自社への切り替えを打診してくるものです。

玄関回りの掃除中や庭の植物の水やり中、急に声をかけられて、話を聞いてみるとプロパンガスの勧誘だったということもあるでしょう。

LPガスの訪問営業のすべてが信用できないわけではないものの、実際にはトラブルも発生しているため、気をつけておくことがおすすめです。

そこで今回は、プロパンガスの勧誘で気をつけたいことや優良なガス会社の特徴や条件を詳しくご紹介いたします。プロパンガスの訪問営業が来た時の対応方法を知っておきたいという方はぜひご参考ください。

▶︎▶︎▶︎プロパンガス料金のご相談やお見積もりは公式LINE登録で無料で解決!

目次

プロパンガスの訪問営業は信用できるのか?

アポイントメントも取らず、いきなり自宅にやってきて、プロパンガスの切り替えを打診してくる営業マンを信用してしまってもよいのでしょうか。

実は、飛び込み営業の成約率は数%程度といわれるほど、成果に結びつけるのが難しい営業手法です。

訪問営業でトラブルが起きる場合がある

飛び込み営業の成約率はごくわずか。だからこそ、話に耳を傾けてくれるLPガスユーザーはそれだけで貴重な見込み客になってしまいます。やんわり断っても、営業マンは「検針票で料金の比較ができますよ」と粘り、すぐには帰ってくれないでしょう。

ユーザー側もプロパンガスの切り替えを検討していたのであれば、飛び込み営業も有意義な機会となります。

しかし、変更するつもりはなく、しつこい営業トークを断れなかったり、業者側に何らかの悪意があったりした場合はトラブルになってしまうことがあります。

悪質な訪問営業には気をつけよう

営業トークの勢いに流されて契約してしまったとしても、本当に月々の料金が安くなり、サービスの質も向上したのなら、結果的には新しいLPガス業者に切り替えてよかったと思えるでしょう。

しかし、なかには無責任で悪質な訪問営業もいるため要注意です。今よりプロパンガス料金が安くなると言っておきながら契約後にすぐ値上げになった、契約変更するまで帰ってくれず怖い思いをしたなど、さまざまな相談が専門窓口に寄せられています。

「プロパンガス料金適正化協会」の訪問調査は安心です

一般社団法人プロパンガス料金適正化協会では、LPガス料金が高いと相談のあった地域を対象に訪問調査を行っております。当協会は、消費者保護とプロパンガス料金の適正化を目標に活動している団体です。

調査の結果、割高なプロパンガス料金を支払っていることが判明した場合、透明性の高い優良なガス会社を案内しております。ガス会社の案内や料金に関するご相談に対して、料金を請求することはありませんのでご安心ください。

>>>プロパンガス料金の相談はこちら

勧誘を受けたら気をつけること7選

プロパンガスの訪問営業は有意義な結果となることもあれば、トラブルのきっかけになってしまうこともあります。

信用のおける業者なのかどうかを見極めるためにも、勧誘を受けたら気をつけておきたいことをチェックしておきましょう。

ホームページや社名・協会名を確認する

プロパンガスの契約切り替えの勧誘を受けたら、その業者の社名やホームページを確認するようにしておきましょう。実際に訪問営業はCMを流すほどの知名度のある企業であっても行っているやり方なので、一概に信用できない企業だとは決めつけがたいものです。

その一方で、実はネットで口コミが寄せられている悪質業者による訪問営業だったというケースもあります。相手先をきちんと確認することで、信用できる企業なのかの見極めに役立ち、トラブル回避にもなるでしょう。

検針票は相手の身分を確認してから出す

プロパンガスの訪問営業では、高確率で「検針票を見せてほしい」といわれるものです。消費者心理としては、検針票を見せるのは契約変更の料金比較に使うためと判断するでしょう。大半がそうであるものの、悪質な業者だと目的が違う場合もあるため要注意です。

検針票には名前や住所、ガスの使用量、顧客番号などが記載されています。個人情報を盗まれたり、それらを使って勝手に契約変更されたりする事例もあるため、検針票を見せるなら相手の身分を確認してからにしておきましょう。

大袈裟な安売りには注意が必要

訪問営業では、プロパンガス料金が今より安くなるといって供給先の切り替えを勧誘してくるものです。しかし、あまりにも大袈裟な安売り価格である場合には警戒しておくとよいでしょう。

プロパンガスの大半が諸外国より輸入されています。価格は毎月変動し、値上がったり値下がったりするため、極端な安売りは不可能です。また、安くなるのは最初だけで数か月したら変更する前より値上げを強行し、高くしてくる事例もあります。

安心保証があるか確認する

訪問営業の勧誘を受けたら、安心保証があるかどうかも確認しておきましょう。プロパンガス料金の安心保証とは、契約後すぐに料金を不当に値上げしない、やむを得ない世界情勢から値上げされる場合は相談などのサポートを受けられるシステムです。

優良なガス会社では消費者保護の観点から、安心保証システムを採用していることが多くあります。もし採用していないなら、切り替えを断る理由にするのもよいでしょう。

契約の際は、詳細なプランや料金をしっかりと説明を受ける

今契約している業者から切り替えたいと思えたなら、詳細なプランや料金についてしっかりと説明を受けることも大切です。パンフレットなどを見せてもらって、記載された内容と違いがないか、確認していきましょう。

訪問営業はアポなしでやってきて契約変更を勧めてくるため、悪質でなくても言い間違いや聞き間違いによるトラブルが起きる可能性が十分にあります。説明を受ける時間がない場合は、日を改めて再訪問してもらうことがおすすめです。

契約・ハンコする前に、もう一度考えよう

悪質な勧誘ほど、契約や捺印を急かしてくるものです。料金割引キャンペーンやプレゼントなどの期限を持ち出して、契約を焦らせてくる業者もいるでしょう。しかし、契約は冷静になっているときに決断するのがおすすめです。

契約や捺印する前には、もう一度よく考えるようにしておきましょう。訪問営業では契約書面を受け取った日から8日以内ならクーリングオフが可能です。しかし、クーリングオフできるからと安易に締結してしまうのはトラブルの元になってしまいます。

契約しない場合は断ること

しつこくされると断れない人もいるでしょう。しかし、契約する気がないのに、あいまいな返事をしてしまうのはよくありません。飛び込み営業は成約率が低いため、契約変更の話を聞いてくれるLPガスユーザーは貴重な見込み客と思われてしまいます。

はっきりしない返事をすればするほど、押せば契約につながるかもと思われて粘られてしまうでしょう。契約しないと断って、その意思を曲げなければ相手は次の見込み客を探しに行くだけなので心配しなくても大丈夫です。

優良なガス会社の特徴・条件とは

優良なガス会社を見極める具体的な特徴や条件をご紹介していきます。訪問営業の対応方法として役立てたい、契約先の切り替えを検討中である方はぜひ参考にしてみてください。

優良なガス会社は適正価格で提供

業者が自由に販売料金を決めることができる、それがプロパンガス業界の販売システムです。そのため、利益重視で割高な料金を徴収している業者と適正価格で販売する透明性の高い業者に分かれている現実があります。

優良なガス会社とは、後者に該当する業者です。利益ばかりを重視しない適正価格は地域によって相場が変わってきますが、割高な業者と適正価格の業者では2倍近い料金差となることもあります。

>>>優良ガス会社の紹介はこちら

h3:見守りガス料金安全保証がある

優良なガス会社の特徴や条件は、「見守りガス料金安全保証」があることです。プロパンガスの大半が輸入されているものであるため、適正価格で販売する業者であっても世界情勢次第では値上げせざるを得ない場合があります。

見守りガス料金安全保証」は、プロパンガス料金適正化協会が提供する特別な保証制度で正当な値上げであっても、プロパンガス契約後の1年間に限り値上げ分を補償します。

お客様が直接ガス会社にご連絡を取り、契約を行う場合、一般的なプロパンガス業者ではこの制度をほとんど取り入れていないため、お切替え後でも突然の値上がりに対して保証がついていないことが多いです。

しかし、適正化協会から紹介されたガス会社は、お客様の利益を第一に考え、安心してガスを利用できる環境を提供しております。その信頼性と優良性を保証するという意味で、非常に優良なガス会社と言えます。

ガス料金の専門家に相談しよう

プロパンガス料金適正化協会では、適正価格での販売と見守りガス料金安全保証の両方を備える優良ガス会社の紹介を無料で行っています。

優良なガス会社はそれほど多くないため、専門家からの紹介で検討するとスムーズに見直しが進むでしょう。また、当協会では訪問営業で困ったことが起きている場合の相談も受け付けているので、お困りの方はぜひお問い合わせください。

まとめ

プロパンガスの訪問営業は信用できる場合もあれば、そうでない場合もあります。

トラブルに巻き込まれないためには、積極的に知識を得て自衛することがおすすめです。今回の記事を参考に、プロパンガスの訪問営業に賢く対処していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次