【戸建て】プロパンガス料金の見直し方法は?メリットや注意点を紹介!

プロパンガス料金が高いと感じていても、具体的な見直し方法がわからないと行動に移しづらいものです。そもそも、今支払っているプロパンガス料金が相場より割高なのか、優良なガス会社と契約していて安く済んでいるのか想像もつかないという方が多いでしょう。

この記事では、プロパンガス料金が高いと感じている戸建てにお住まいの方向けに見直し方法や注意点を詳しくご紹介。優良なガス会社の特徴や条件についてもまとめています。

具体的な見直し方法を知って月々のLPガス料金を安くしたい、優良なガス会社の見分け方を知りたい方はぜひ読んでみてください。

▶︎▶︎▶︎プロパンガス料金のご相談やお見積もりは公式LINE登録で無料で解決!

目次

料金見直しのメリット

プロパンガス料金の高さが気になっても、「ガス会社を見直すのは腰が重い」「仕事が忙しくて時間がないし面倒くさい」と思ってしまいがち。しかし、問題を先送りするよりも、早めに料金を見直したほうが多大なメリットが得られておすすめです。

ガス料金が安くなる

プロパンガス料金を見直すと、ガス料金が大幅に安くなるメリットがあります。毎月のプロパンガス料金が高いと感じるのは、仕方がない状況ではなく、知らずして割高なガス会社と契約してしまっているからかもしれません。

実際にプロパンガス料金を見直すと、月々の料金を半分近く削減できる傾向にあります。例えば、利益重視のガス会社と契約していて年間で12万円のガス料金を支払っている家庭では、半額近い金額まで削減できる可能性が高いということです。

今からでもガス料金を大幅にカットできれば、10年後の貯蓄額は、見直さなかった場合に比べて、かなりの差がついてしまう計算になります。

優良なガス会社が見つかる

例えば、戸建てのマイホームを購入して5年も経てば、世の中の状況はかなり変化しているものです。新しいプロパンガスの企業が出現したり、解決すべき課題のある法律の改正があったりと、その影響からガス会社間のサービス内容も一変しているでしょう。

5年前の契約内容のままでは、もしかすると割高なプロパンガス料金を支払ったあげくに、サービス面でも何かしらの損をしているかもしれません。

世の中は時間の経過とともに、どんどん進歩していきます。プロパンガス会社の契約変更まで検討するつもりはなくても、定期的に見直すことで、優良なガス会社と出会うタイミングを掴みやすくなるはずです。

プロパンガス会社の見直し方法

戸建てにお住まいでプロパンガス料金の高さが気になったなら、契約変更するかどうかは別として見直してみるのがおすすめです。ここからは、プロパンガス料金適正化協会の自動無料診断を活用したガス会社の見直し方法について詳しくお伝えしていきます。

現在の供給価格を調べる【検針票】

まずは、現在契約しているガス会社から送られてくるプロパンガスの検針票をご準備ください。検針票を見ることで、現在支払っている基本料金や従量料金、請求料金、使用量などの正確な情報がわかります。

料金診断で高いかどうか調べる

検針票を手元におき、プロパンガス料金適正化協会のガス料金自動無料診断のページにアクセスします。戸建てのタブから、「お住まいの地域」「使用量」「請求額」の3つの項目を入力し、診断ボタンを押せば完了です。

診断結果のページの遷移すると、現在支払っている料金が適正なのか、高い料金を支払っているのかがはっきりします。また、診断結果のページでは、あくまでガス料金に対する診断結果のみが表示されるだけなので、気軽にお試ししてみることがおすすめです。

「プロパンガス料金適正化協会」に相談

ガス料金自動無料診断の結果から、今すぐにでも料金の安いガス会社に契約変更したい、とりあえず話を聞いてみたいと思うことがあるでしょう。

そんなときは、当協会の無料相談をLINEやフリーダイヤルからぜひお申込みください。

長年、プロパンガス業界に携わってきたガスの専門家が診断結果や困りごとに寄り添い、全力でサポートいたします。診断結果でガス料金が高いと表示された方は、優良なガス会社の適正料金と比較して、2倍強の金額を支払っている可能性大です。

>>>プロパンガス料金の相談はこちら

ガス会社の見直しの注意点

プロパンガス会社の早めの見直しがおすすめであるものの、その際には注意しておきたいことがあります。

知らないままに行動してしまうと、本来は支払わなくてよいお金を捻出するはめになったり、嫌な思いをする原因になったりしてしまいます。

無償貸与契約により違約金が発生する場合がある

プロパンガス業界には、無償貸与契約というシステムがあります。契約書に記載された期間中のプロパンガス契約に付帯して、給湯器や配管などの住宅設備を無償で貸与するというものです。契約期間は、10年間と記載されているケースが多いでしょう。

そして、10年以内にプロパンガス契約を解約した場合は、所定の違約金が発生すると定められている場合がほとんどです。このあたりをしっかりと確認せずに見直しや解約を進めてしまうと、現在のガス会社から高額な違約金を請求されてしまう心配があります。

料金を安くして引き止めようとする

ガス会社の見直しの際に、自分で解約したい旨を現在の契約先に連絡してしまうのはNGです。なぜならガス料金を見直した結果、本当に切り替えることになった場合は、現在の契約先に解約を申し入れするのは新しいガス会社がやってくれることだからです。

何も知らないままに自分で連絡してしまうと、「料金を安くします」「解約しないでください」と引き止められる恐れがあります。現在の契約先との不要なトラブルを避けるためにも、自分自身での解約連絡には注意しておくようにしましょう。

雑な対応や強引さがみられる会社は注意

プロパンガス会社を見直す際は、変更先となる会社のあり方にも注意するようにしておきましょう。少しでも雑な対応や強引さがみられるガス会社は、契約後に不当な料金値上げを行ったり、アフターサービスがおろそかだったりする可能性が高いです。

販売価格の透明性やアフターサービスが充実している優良なガス会社では、社員教育もしっかりと行われています。見直す際のちょっとした違和感は大きな後悔につながりやすいので、少しでも気になる点があれば、検討を見送るようにするのが無難です。

優良なガス会社の特徴・条件とは

では、優良なプロパンガス会社とはいったいどのような会社なのでしょうか。

優良なガス会社の特徴や条件を解説するので、ぜひガス料金の見直し方法とあわせて参考にしてみてください。

優良なガス会社は適正価格で提供

優良なガス会社とは、利益を重視した販売価格ではなく、消費者優先の適正価格でプロパンガスを供給している会社です。現在の契約先のガス料金が高いと感じるなら、そのガス会社は利益重視の価格で販売している可能性があります。

また、適正価格とは全国一律ではなく、地域によって違いがあります。自分ひとりだけで優良なガス会社を探そうとすると難しいため、以下のプロパンガス適正化協会のリンクを参考にしてみてください。当協会では、優良なガス会社の紹介を無料で行っています。

しっかりしたアフターサービスが用意されている

切り替えするまでは愛想よく接しておきながら、契約後のアフターフォローはいい加減といったガス会社も存在します。顧客が安心して契約を継続していけるようなアフターサービスを用意しているのが優良なガス会社の特徴です。

プロパンガス料金適正化協会で紹介するガス会社には、2種類のガス安全保証が用意されています。契約後1年以内に料金値上げが行われた場合の差額補償、不当な値上げが行われた場合の交渉、他のガス会社紹介などの見守り保証があって安心です。

まとめ

プロパンガス料金が高いと感じたときの見直し方法は、まず支払っている金額が適正なのか割高なのかを正しく知ることです。

もし高額な料金を支払っているなら、専門家のサポートのもとに優良なガス会社への切り替えを検討していくことで悩みから解放されるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次