プロパンガス料金適正化協会

無償貸与契約とは?仕組みとメリット・デメリット、よくあるトラブルを紹介

プロパンガスを使用するにはそのためのガス設備を用意しなければいけません。

ガスメーター(マイコンメーター)・圧力調整機・高圧ホースはもちろん、プロパンガスの共有元であるボンベやボンベを固定する器具などの全てが揃っていなければ、安全にプロパンガスを使うことはできないのです。

今回の記事では、それら設備を無料で貸し出してもらう無償貸与契約について説明しましょう。

無償貸与契約の仕組みやメリットとデメリットだけでなく、トラブル事例もまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

無償貸与契約とは?

無償貸与契約とは文字通り特定の機器を無料で借りる契約のことで、プロパンガス業界独特の契約方法です。

無償貸与契約の仕組み

プロパンガスを使うためのガス設備は、配管工事費用も含めて25万円程度の費用が必要です。

無償貸与契約ではこのガス設備を無料で貸し出すために、契約期間に縛りを設けています。ほとんどの場合、契約期間は10〜20年で設定されているでしょう。

つまり、プロパンガスを使うために必要な費用を全てプロパンガス会社が負担する代わりに、契約期間内は該当のガス会社を使い続ける契約を締結するということです。

無償貸与はガス設備を借りるリース契約

無償貸与契約は「無償」という名前がついているものの、初期費用は契約期間内の毎月の請求から回収されます。

無料のように感じる無償貸与ですが、毎月その費用を分割払いしていると考えるべきでしょう。

そのため、契約期間内に解約をすると違約金の支払い義務が生じます。

無償貸与契約のメリット

無償貸与契約には、次のようなメリットがあります。

初期費用を削減できる

無償貸与契約はほとんどのプロパンガス会社で導入している契約方法であり、特に一からガス設備を用意する必要がある新築戸建ての場合は、無償貸与契約を選択する方が多いです。

初期費用を削減できるというメリットは大きいと言えるでしょう。

節約できるため新築時は他に予算を回せる

家を建てる時には想定外の費用が発生することが多く、予算内に話を進めにくいものです。ガス設備の初期費用を抑えれば、他の設備などに予算を回せるでしょう。

通常住まいの設備工事費用は、新築時よりも入居後の追加工事の方が高額になります。

無償貸与契約のデメリット

無償貸与契約には初期費用を削減してプロパンガスを使用できるというメリットがありますが、いくつかのデメリットも存在します。

メリットとデメリットを比較してみましょう。

違約金が生じる可能性がある

無償貸与契約の契約期間内に解約を申し出ると、違約金が生じる可能性があります。

ガス設備の費用をリース契約して分割払いしていたと考えれば、途中解約で残金の支払いをすることは必然のように感じますが、ガスの無償貸与契約における上乗せ金額の設定はプロパンガス会社によって変わります。

そして、毎月の請求金額の中にガス設備の支払いがいくら含まれているのかが分かりにくいのです。

その結果、違約金の負担額が重いという理由で、プロパンガス会社の変更を断念する方も多いです。

利用者のガス料金の負担が増える

無償貸与契約で借りているガス設備の費用は、毎月のガス料金に上乗せされます。

その金額はプロパンガス会社によって変わるため、事前にしっかり確認しておく必要があるでしょう。

無償貸与契約でよくあるトラブル

無償貸与契約はトラブルにつながりやすい契約です。

ここでは、無償貸与契約時のトラブル事例について説明しましょう。

新築時に説明がなく、いつの間にか無償貸与契約になっていた

新築建築時は、さまざまな手続きなどが必要であり、ほとんどの施主は慌ただしくしているものです。

トラブル報告者は、新築完成間際に工務店から「プロパンガスの機器や工事費はプロパンガス会社負担です」と言われ、詳しい説明を受けないままの状態でプロパンガス会社と契約を結んでしまいました。

後々確認すると、その契約は無償貸与契約であり、解約時に高額の違約金が請求されたのです。

別のガス会社に変更するため、解約を申し込んだら違約金が高額発生していた

トラブル報告者は、無償貸与契約についての内容説明を受けずにプロパンガス会社と契約を結びました。

契約期間中にガス料金が複数回値上げされたことで、プロパンガス会社の変更を決めて解約を申し出たところ、初めて15年の契約期間があったこと・高額な違約金が請求されることを知りました。

その費用が非常に高額であり、プロパンガス会社の変更ができなくなってしまったのです。

悪質なガス会社と契約してしまい工事費が割高に請求されていた

プロパンガスの配管工事とガス設備に必要な費用は25万円程度ですが、無償貸与契約であったために、実際に請求される工事費用を把握しないまま契約を結んでしまった報告者は、後々相場よりも割高な工事費が設定されていることを知りました。

工事費自体が割高であるため、毎月のガス料金はもちろん解約時の違約金の負担も大きかったのです。

悪質なガス会社と契約してしまい毎月のガス代が割高

プロパンガス会社は都市ガスと違い、自由にガスの販売価格を決めて良いため、会社によってガス料金が大きく変わることは珍しくありません。また、契約後に値上げが行われる事例も存在します。

報告者は悪質なガス会社と無償契約をしてしまい、毎月のガス料金が割高だと気づいたものの、違約金があることから、なかなか解約に踏み切れない状態に陥ってしまいました。

無償貸与契約のトラブル対処法

無償貸与契約では、違約金があるということで多くのトラブルが起こりやすくなります。

無償貸与契約のトラブルを防ぐためには、どのような対処法があるのでしょうか?

自己負担でプロパンガス導入する

無償貸与契約のトラブルを防ぐ最も有効な手段は、初期費用を自己負担することです。

そもそも無償貸与契約を結ばなければ、契約期間に縛られず、毎月のガス料金にガス設備費用が上乗せされる心配もありません。

契約期間の設定がないため、自由にプロパンガス会社を変えられるのです。

優良なプロパンガス会社を自分で探して契約する

無償貸与契約のメリットとデメリットを理解した上で、優良なプロパンガス会社を選ぶのであれば、無償貸与契約のデメリットはカバーできます。

不当な値上げや高額の違約金請求などがないプロパンガス会社を見つけてください。

信頼できる優良なプロパンガスと契約して適正価格で利用しよう

優良なプロパンガス会社であれば、無償貸与契約は避けるべき契約ではなくなります。しかし、自分の力で安心のプロパンガス会社を見つけることは困難でしょう。

プロパンガス料金適正化協会では、プロパンガスに「公正で自由な競争」ができる市場環境を作ろうとしています。

消費者の立場に立ってプロパンガスの料金を透明化し、業者間の正常な競争を図っているのです。

プロパンガス会社選びに悩んでいるのなら、プロパンガス料金適正化協会にご相談ください。

消費者目線の適切なアドバイスとご案内を行っています。

まとめ

無償貸与契約は、プロパンガスを使用する際の配管工事やガス設備費用を無料にして、契約期間を設ける契約です。

初期費用を分割して支払うシステムであるため、契約期間内の解約には違約金が発生しますが、その違約金が高額過ぎる・契約内容自体の説明が徹底されていないなどの理由で、多くのトラブルを招いています。

無償貸与契約によるトラブルを防ぐためには、そもそも無償貸与契約ではなく初期費用を支払って通常の契約を結ぶか、不当な値上げや高額な違約金請求のない有料なプロパン会社を利用するべきでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる